枚方市-木造住宅の施工事例

牧方市 D様邸 木造2階建 45坪 解体費用:180万円 工事期間:7日間

2014-03-13
牧方市 D様邸 木造2階建 45坪 解体費用:180万円 工事期間:7日間 今回は、全面の道路と高低差がある大阪府枚方市のお宅の解体工事でした。
木造住宅の解体では、道路幅の狭さや周辺住宅への配慮を十分に考え、慎重且つ迅速に行わなくてはいけません。
特に、狭い路地を重機で通る場合は毎回ヒヤッとします…。

また、建築リサイクル法に基づいて、屋根瓦や窓ガラスなどは厳密に分別することが定められています。
以前は「ミンチ解体」という全部まとめて壊して埋め立てて処分してしまう工法が主流だったんですが、今では環境面を配慮し、リサイクルのために「分別解体」が義務付けられています。
時間も手間もかかり、正直なところ面倒な作業ではありますが、これによって廃棄物のほとんどがリサイクルされるので、キッチリと行ないます。

そして、今回のように高低差がある際に、万が一土を漉き取りすぎてしまった場合は、単純にその土を戻せばいいと言うわけにはいきません。
新しく入れた土は締め固められておらず、なんと地盤沈下の原因になってしまうこともあるんです!怖いですよね。
そのようなことが決してないように、しっかりと図面通りに仕上げる。それが、私たちプロの仕事です。

なお、建て替え・新築の場合、解体後の整地はご要望の高さで行いますので、お気軽にご相談ください!

 

牧方市 I様邸 木造2階建 40坪 解体費用:150万円 工事期間:7日間

2014-03-13
牧方市 I様邸 木造2階建 40坪 解体費用:150万円 工事期間:7日間 今回は、お隣との間隔が狭い大阪府枚方市の住宅地での解体工事でした。
住宅地での解体は、後々のトラブルを防ぐための近隣へのご挨拶から始まります。うっかりお隣の塀などを傷つけたりしたら大変ですので、お施主様の立ち合いのもと、お互いの認識をすり合わせます。
また、工事中は近隣への騒音や振動を極力抑えながら、お隣の住宅を傷つけないよう、細心の注意を払って行ないます。
もちろん、境界際にはしっかりと養生シートを貼り、お隣に迷惑がかからないよう丁寧に作業させて頂きます。

また、今回は写真を見てもお分かりいただけるように、お庭の樹木の抜根も合わせて施工し、更地に致しました。
中には更地にする際、解体費用を安く済ませるために基礎を撤去せずにそのまま埋め立てて不法投棄してしまう悪徳業者も残念ながら存在します…
。同業者としてとても悲しいことです…。
もし基礎を壊さずに埋め立ててしまった場合、そこに新しく建物を建てる時に不法投棄が発覚し、撤去しなければいけません。
私たちはそのようなことは決して行ないません!ご安心を!

ちなみに、今回は敷地境界を示すブロック塀は残してありますが、どこまで壊すかと言う解体範囲については、ご相談の上進めさせて頂きます。

 

枚方市 A様邸 木造1階 38坪 解体費用:90万円 工事期間:7日間

2013-05-28
今回は、大阪府枚方市の木造平屋住宅の解体工事です。
写真をご覧いただければ分かるように、今回の現場はお隣の塀と建物がかなり隣接しているため、塀を傷つけないように細心の注意が必要でした…。
今回のような複雑な解体工事では、熟練の職人が「かじや」と呼ばれる解体専用の工具で人力のみで丁寧に行なう「手壊し解体」と、フォークグラブや油圧ブレーカーなどの重機で大胆且つ効率的に行なう「機械分別解体」をうまく組み合わせながら、工事を行ないます。
このように手作業と機械を組み合わせる工法を「手壊し併用機械分別解体工法」といい、効率的に工期を短縮できるだけではなく、木くずやガレキ類といった廃棄物の約75%をリサイクルすることができるので、現在では最もスタンダードな工法となっています。

そうして、無事にお隣の塀を傷つけることもなく綺麗な更地に仕上げることが出来ました。
今回のような現場はとても難しいですが、その分、やり甲斐もありますね。

弊社に寄せられるご相談の中には、長屋の切り離しを代表とするような複雑な解体工事もありますが、解体に関するご相談であれば親身になってお手伝いいたしますので、お気軽にご相談ください!

 

枚方市 K様邸 木造平屋 15坪 解体費用:40万円 工事期間:5日間

2012-12-07
今回は、大阪府枚方市の平屋建ての木造住宅の解体工事です。
道路が決して広いとはいえない場所だったので重機の搬入時に塀などを傷つけないかヒヤヒヤしましたが、しっかりと養生シートを貼り、近隣の皆様に振動や騒音でご迷惑をおかけしないよう細心の注意を払いながら、解体を進めていきました。
上物の取り壊しが終わったら、最終的に基礎をしっかりと撤去し、整地を行なって完了です。
しかし、工事期間中は近隣の皆様には交通の妨げになってしまい、大変ご迷惑をおかけしました…。

ちなみに、解体工事のトラブルとして「新築の基礎工事を行う際に地面を掘ったら、古い基礎が撤去されずに出てきてしまった…」という話をよく耳にします。
基礎を壊さずに残すことは立派な不法投棄にあたり、廃棄物処理法で禁止されています。
しかも、新しく家を建てる時に基礎を撤去する余計な費用までかかってしまい、良いことが何もありません。そのようなことをする悪徳業者が存在すること自体悲しいことですが、そのようなトラブルに巻き込まれないよう、事前にしっかりと安全な業者かどうか確かめておきたいですね。

もちろん、私たちはそのようなことは一切致しませんので、どうぞご安心下さい!

 

 

無料見積依頼

RSS RSS

© 2010 株式会社渡邊綜業